街コンや婚活パーティよりもネットで出会いを探した方が圧倒的にお得な件

恋愛
こんにちは、kala(@kalanoakikan)です。

僕は17歳の時から、出会いをネットで見つけていました。

ネットで良い出会いを見つけるためにはちょっとしたコツが必要ですが、街コンや婚活パーティで消耗しながら出会いを見つけるよりも圧倒的に楽です。

僕からすると、なぜ街コンや婚活パーティに行くのだろう、とさえ思います。

パリピな人だったら、街コンや婚活パーティは面白いのかもしれません。

街コンや婚活パーティの方が良いと感じるか、ネットの出会いの方が良いと感じるか比べてみてください。

街コンや婚活パーティの良いところ・悪いところ

1.会ってから相手を選べる

当然ですが、相手を目の前にして見た目や雰囲気、仕草などを見れますよね。

第一印象は数秒で決まるという「メラビアンの法則」があります。

良くも悪くも「アリ」か「ナシ」かはソッコーで決まるということです。

この「第一印象」は大きく外れることはないので、会って出会いを見つけるのは時間の面では効率的です。

しかし、この「良いところ」は僕からすると「悪いところ」でしかありません。

僕はテンションが低めですし、イケメンでもありません。

そして、初対面の相手との会話をいきなり弾ませるという技術を僕は持っていません。

「第一印象」が最重要になる、街コンや婚活パーティでは僕はあまり良い出会いを得られないでしょう。

2.うまくいけばその日に次のデートを確約できる

デートをする相手を探しに来ているわけですからね。

次のデートを成功させれば、もう恋人ですね。

ネットだとまず会うまでに時間がかかることが多いです。

そして、会ってみたら違ったということも多いです。

「時間」の面では、ネットよりも街コンや婚活パーティの方が圧倒的に展開が早いです。

3.一般的にネットよりも街コンや婚活パーティの方が市民権を得ている

メディアの影響だと思いますが、ネットの出会いはあまり良くないものだと思われていますよね。

街コンや婚活パーティは、まぁいいんじゃない?といった感じで受け入れられています。

つまり、街コンや婚活パーティの方が人口が多そうですし、より一般的な価値観の人が居るんじゃないでしょうか。

僕はネットでも俗に言う「普通」の女性と出会えていたので、ちゃんと人を見極めればネットでも普通の恋愛が可能ですけどね。

「普通」じゃない人ってなんだって話ですけど、ネットには俗に言う「メンヘラ」な人がわりと居ます。

メンヘラな人は承認欲求が強く、わがままな面があります。しかし別の面を見ると素直で寂しがり屋です。

「メンヘラ」な人は過去にトラウマがある人が多いです。そういったことを理解して付き合えば可愛い恋人になりますよ。

ネットの出会いの良いところ・悪いところ

1.じっくりと相手を見極めることができる

ネットの出会いで、相手を判断する材料は「写真」「プロフィール文」「チャット」の3つです。

「写真」と「プロフィール文」で感じた印象が第一印象みたいなものになります。

ネットの出会いでは時間がかかると書きましたが、僕はむしろ時間をかけたいです。

もっと言えば僕はチャットが好きです。

僕が学生の時なんて、1日中SNSアプリでチャットをしていました。

ネットでは、同時進行で複数の異性とチャットをすることが普通です。(付き合ったら他の人は切りましょうね)

今思い返すと、何をそんなに1日中話していたのか全く思い出せません。そういうどうでもいいことを話していました。

これ、つらい人にはつらい作業になるのかもしれません。つらい人はネットの出会いには向いていないのかもしれません。

チャットをしていると、なんとなく相手の人となりが分かります。

チャットがテキトーな人とは、実際に会っても良い関係になれることはまずありません。

「写真」と「プロフィール文」で相手をふるいに掛け、「チャット」で仲を深めます。

「チャット」で仲良くなれれば、実際に会った時に会話に困ることはまずあり得ません。(※相当な人見知りの人は除きます)

時間がかかるということは、しっかりと準備が出来るということです。

2.見た目やコミュ力に自信がなくても大丈夫

チャットや電話で仲良くなってから会うことになるので、最初のハードルをぐっと下げることができます。

特に男性の場合は、この恩恵は大きいです。なぜかというと、女性は意外と男性の見た目を重要視していません。

「外見レベル」という概念があると思ってください。

ジャニーズSexy Zoneの「中島健人」の「外見レベル」であれば、釣り合うのは「橋本環奈」だとします。

中島健人さんは橋本環奈さん以上の「外見レベル」を持つ女性でなければ、たぶん付き合うことはありません。

しかし橋本環奈さんは自分の「外見レベル」以下の男性でも付き合う可能性があります。

という感じの話です。

(※あくまで例え話です)

で、女性が外見を重要視しないのであれば、チャットや電話などで仲良くなれた場合、外見を理由に嫌われるということはあまりないはずですよね。

とはいえ、出会いを求めているのであれば髪型にも服装にも気を配り、雰囲気イケメンくらいにはなれるような努力はしましょう。

3.身体的・精神的に楽に出会えます

気になる異性はひまな時間や隙間時間にアプリを開いて探せます。

TikTokとかで女の子を見て寂しさを紛らわせるよりも、現実に自分が関われる女の子を探した方が有意義ですw(僕もついついTikTok見ちゃうんですけどね(・_・)

街コンや婚活パーティだと、「よーい、どん」のコミュニケーションじゃないですか。一気に複数人の男女が顔を合わせてなかば強制的に会話が始まります。

そんな状況で楽しいコミュニケーションがとれるとは僕には思えません。

ていうかしんどいです。僕は電車などの、知らない人と同じ空間に居るだけの環境でも疲れるのに街コンや婚活パーティみたいな陽キャばかりの空間なんてしんど過ぎます。

陽キャじゃない人も街コンや婚活パーティの場では、無理してテンションを上げますよね?

じゃあ僕も無理してテンション上げなきゃじゃないですか。しんどいです。

普通に仕事より疲れる気がします。

ネットなら、まずはチャットです。気楽に、相手の顔色をうかがう必要なく会話ができます。

会うことになっても2人きりで会えますよね。チャットや電話だけのコミュニケーションしか取ったことがなくても、相手の人となりは知れているんですから、すぐにリラックスして話せるようになれます。

明らかにネットの方が楽ですよね。

自分が楽な方の手段を選んでください

  • チャットが苦手(めんどくさい)
  • 絶対に一目見てから相手を決めたい
  • 賑やかなコミュニケーションが好き
  • 初対面の人とのコミュニケーションが好き
  • 合コンなどが好きだった

↑上記のようなタイプであれば街コンや婚活パーティの方が良いと思います。

  • チャットが好き(嫌いではない)
  • 相手の見た目情報がまずは写真だけでも大丈夫
  • うるさいのは苦手
  • 初対面の人とのコミュニケーションはストレス
  • 1対1のコミュニケーションが好き

↑上記のようなタイプであればネットでの出会いをオススメします。

僕へのご連絡はTwitter(@kalanoakikan)かGmail(kalanoakikan@gmail.com)へお願いします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました