ネット恋愛慣れしている僕がオススメするマッチングアプリ3【Pairs】

恋愛
こんにちは、kala(@kalanoakikan)です。

TwitterでリプライもDMも気軽にどうぞ。即レスは難しいですが悪意のないものには全て返信しますよ!

この記事は2019年7月に書いていますが、相変わらずマッチングアプリは流行っていますね。

ネットの出会いが世の中のスタンダードになりつつあるのは喜ばしいことです。

皆さんもこの流れには乗っておかないと損ですよ。あ、彼氏彼女がいる人は逆に乗っちゃダメです。w 結局、1人の人と相思相愛を極めるのが1番幸せになれます。

彼氏彼女がいなくて、出会いがない人は是非ネットの出会いを始めてみてください。

リアルの出会いにこだわるのは無意味だと思います。ネットの方が価値観の近い人と知り合えます。ネットの出会いは危なそうだなと思う人は、気を付ければ大丈夫ですよ。

ネットの危険を回避するための簡単な3か条

1.すぐには会わない。この人は信用できる、安全な人だと確信を持ってから会いましょう。
2.最初は街中で会いましょう。僕なら映画とか誘いますね。
3.相手の日常や会話の内容から、相手の人となりを把握していきましょう。

僕はネットの出会いで危険な目に遭ったことはありません。僕が出会ってきた女の子たちも、ほとんどの子は危険な目に遭ったことはなさそうでした。

1人だけ、車でいきなり胸を触られたことがある子がいました。初対面の人とドライブデートをした帰りに触られたそうです。初対面でドライブデートなんて、そりゃ危険ですよね。

信頼関係はゆっくりつくる。これはリアルもネットも同じでしょう。

Tinderとwithの良いとこ取り?:Pairs(ペアーズ)

さて、今回僕がオススメしたいマッチングアプリは「Pairs」です。

pairs2

(↑の画像からPairs公式サイトへ飛べます)

僕はこれまでに「Tinder」と「with」の2つのマッチングアプリをオススメしました。

「Tinder」のオススメポイントは手軽さ。ほぼ写真の情報だけでマッチングが決まる見た目重視なところ。

「with」のオススメポイントは丁寧さ。メンタリストDaiGo監修の心理分析などで価値観が近い人と出会えるところ。

どちらも良いマッチングアプリだと思います。僕がオススメしているマッチングアプリは、男性でも無料でマッチングするところまではいけるので、気軽に試してみてくださいね。(Tinderは全て無料ですよ)

と言っても、テキトーに「いいね」を飛ばしてるだけじゃマッチングできる確率は低いですよ。(マッチングアプリでは相手に「いいね」を送ることで好意をアピールします)

まずは写真にこだわりましょう。おしゃれ、雰囲気が良い、相手の興味を引けそうな写真を載せましょう。

ポイントは「相手」にアピールできる写真だということです。「自分」にフォーカスして写真を選んでいちゃダメです。まだ見ぬ「相手」のことを考えて写真を選んでください。

次に自己紹介文は書きましょう。自分の最低限の情報を載せて、+相手が興味を持ってくれそうな情報も書きましょう。

さらに、「with」であれば心理分析や相性診断などは全てやっておきましょう。価値観が近い人をピックアップしてくれますし、運営が自分のことを異性にアピールしてくれます。

今回オススメする「Pairs」もマッチング率をupできる「コミュニティ」という要素があるので利用していきましょう。

「Pairs」のどこが「Tinder」と「with」の良いとこ取りなのかと言うと、「Pairs」には「Tinder」的なスワイプ要素があり、心理分析などはないですが相手の好みを知ることができる「コミュニティ」という要素があります。

Pairsはどこまで無料で利用できるか

これ、1番知りたいことだと思うのでまず明らかにしておきましょう。

Pairsはマッチング後最初の1通目のメッセージまで無料でできます。

しかし相手から来たメッセージは有料会員でないと見れません。(男性は)
メッセージ自体は届くんですが、無料会員では開封ができません。

まぁ結局、出会うためには有料会員になることが必須となります。

Pairsではマッチング後1通目のメッセージは送れるということで、1通目でなんとかLINEのIDでも送れたら無料で出会えるじゃん。って、みなさん思いませんでしたか?

僕、それ試したんですよ。結果言っちゃうと無理でした。

LINEのことを「緑」って隠してみても、IDだけ送りつけてみても、Pairsの運営さんに見つかってメッセージが削除されてしまいます。

ほんと、どんな監視体制を取っているんだと思うくらい完璧に弾かれます。

俺ならかいくぐれると思う方はどうぞやってみてください。Pairsの運営さんは優しいみたいで、僕は4回くらいメッセージを消されたんですけど、なんのお咎めもなくアカウントは生きています。

たぶんかいくぐるのは無理なので、大人しく有料会員になりましょう。w

PairsのTinder的要素:今日のピックアップ

Pairsには「今日のピックアップ」という機能があります。Pairsのアプリを開くと、異性の写真が次々と表示されるので、気になった人がいれば右へスワイプすることで相手に「いいね」が無料で送られます。

他のマッチングアプリと同様に、Pairsでも相手に「いいね」を送ることが出会いへの最初の一歩です。

Pairsでは、送られた「いいね!」に対して相手が「いいね!ありがとう」を返すとマッチング成立になります。

マッチングが成立すると、メッセージのやり取りを始めることができます。

つまり、マッチングが成立しなければメッセージのやり取りもできないということですね。まぁこれはTinderもwithも同様です。

Pairsでは、「いいね!」を送れる回数に制限があります。毎月、30回分の「いいね!」が無料会員・有料会員ともに配布されます。持っている「いいね!」の回数分しか「いいね!」はできません。

毎月30人にしか「いいね!」できないというのは、結構厳しいです。マッチングアプリをだらだらと続けてもあまり良いことはありませんからね。短期集中で良い恋人を見つけたいものですが、30人にしか「いいね!」を送れないのでは少し心許ないです。

なので、「今日のピックアップ」はしっかり利用していきましょう。

Pairsのwith的要素:コミュニティ

コミュニティは、自分の好きなことや性格や状況などをアピールするために利用します。

「コミュニティ」というページを開くと、たくさんの画像が並んでいます。その1つ1つがコミュニティでコミュニティに参加すると自分のプロフィールに、所属しているコミュニティが表示されます。

自己紹介文につらつらと好きなことなどを書くよりも、画像付きでカテゴリ分けされているコミュニティをざっと見た方がどんな人か分かりやすいんですよね。

でも、コミュニティの真価はそこではなく、コミュニティに参加している異性を見れるというのが重要です。

検索で異性を探すこともできますが、僕は価値観が合う人がいいので、僕なら同じコミュニティに所属している女性を探します。
コミュニティを見てみると、同じ県に住んでいる異性のみを表示してくれるので助かります。

特に、価値観のコミュニティは参考になります。↓下記のようなものがありますよ。

・付き合ったらペアーズ一緒にやめようね!
・職場に出会いがありません

この2つのコミュニティに入っている人は一途な気がしませんか?
ネットの出会いでは、相手が浮気性かどうかしっかり見極めた方がいいです。

他にもライフスタイル、例えば寝るのが好きな人や1人暮らしな人、おでかけが好きな人、まったりデートが好きな人なんかも知れますね。

もちろん漫画やアニメ、映画やドラマやゲームなども作品のコミュニティがきっとあると思います。

with の心理分析ほどは相手のことを深く知れませんが、出会う前から好みやタイプを知れるのはリアルの出会いにはないアドバンテージでしょう。

マッチングアプリをやる理由は流行っているから

これ以上の理由はないです。

ネットからでも真っ当な恋愛ができる時代になりました。僕のようなインキャタイプには、ありがたい時代の流れです。

無料のSNSアプリで出会うことも勿論可能ですが、より異性の質を高めてスピーディーに出会いたいなら、マッチングアプリに手を出してみましょう。

僕へのご連絡はTwitter(@kalanoakikan)かGmail(kalanoakikan@gmail.com)へお願いします。お仕事の依頼も受けています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました