ネット恋愛慣れしている僕がオススメするマッチングアプリ2【with】

恋愛
こんにちは、kala(@kalanoakikan)です。

僕は17歳の頃からネットで女の子と出会っていました。今は26歳です。

どれくらい出会ってきたか。どうやって出会ってきたか。どのアプリで出会ってきたか。などは過去記事を読んでみてください。1つだけリンクを置いておきます↓

過去記事で書いている通りに、僕はこれまでSNSアプリで女の子と出会ってきました。

なので、マッチングアプリは使ったことがなかったのですが、最近マッチングアプリが流行ってますよね?

このブログの主テーマはネット恋愛サポートブログです。その運営主である僕がマッチングアプリを触ったこともないというのは、ダメですよね。だから触ってみました!

触ってみた結果、3つのマッチングアプリをオススメしてみようと思いました。

1つ目は「Tinder」をオススメしました。↓

2つ目は「with」をオススメします。

心理テストや相性診断が盛りだくさんなマッチングアプリ「with」

with(ウィズ)

※↑の画像からwithの公式サイトへ飛べます

オススメする理由は下記の3点です。

1.メンタリストDaiGo監修
2.メッセージ付きいいねが無料で送れる
3.DaiGo監修の診断がたくさんあり、会話のネタにもなるし、相手の性格が分かるかも

このアプリは男性有料で、月3400円です。12ヶ月プランにすれば月1800円ですが、一括で21600円払わなければいけません。

月3400円は高いですよね〜。僕なら絶対に払いませんw だってSNSアプリで出会えますもん。(というか、僕は今彼女がいるのでマッチングアプリもSNSアプリも使っていません)

しかしですね、良い人と出会う確率を上げたいなら「with」を試してみるのは大いにアリです。

1番の理由は、今マッチングアプリが流行っているから、です!

いろんなメディアでマッチングアプリはプッシュされています。

真面目に大学に通っている女子大生や、電車で見かける綺麗なOLさんなんかも、メディアに流されてマッチングアプリを使っている可能性が高いです。

数年前までは、ネットにいる女性はリアルでモテない女性が大半でした。(たまに、インキャなだけで可愛い子は居たりしたんですけどね!)

マッチングアプリには魅力的な女性が増えていますが、SNSアプリにはあまり増えていません。理由は、SNSアプリに対して世間が偏見を持っているからです。

なのでお金を出して効率的に、良い人と出会える可能性を上げたい方はマッチングアプリを試してみてください。

お金を出したくない方はSNSアプリで地道にがんばりましょう! SNSアプリで良い人を見つけるにはいろいろとコツが必要なので、僕のブログも参考にしてみてください。

withオススメポイント:豊富な相性診断や心理分析

メンタリストDaiGo監修ということで、よく分からない心理テストよりは信憑性がありますよ。

僕はニコニコ動画という配信サービスにある、DaiGoのコミュニティに入っています。(月540円の有料会員です)

そこでは、月に数回DaiGoが生放送をしている他、たくさんのDaiGoの動画が観れます。

DaiGoは今、たくさんの本や論文を読んで使える知識やテクニックを動画や生配信で発信するといったことを行なっています。

youtubeにも動画をあげられてるので、見たことがある方もいるんじゃないでしょうか。

かなりライフハックになると思うんでオススメですよ! 無料で見られる動画もたくさんあるのでぜひ。

相性診断も一応参考にして、より理想に近い人に出会いましょう!

相性診断の結果で、相性が良い相手にはポイント消費無しで「メッセージ付きいいね」が送れます。

相性診断は with 無料会員でもできるので、無料会員のまま相性の良い人に「メッセージ付きいいね」を送る、ということをとりあえずやってみるといいかもしれません。

何人かとマッチングできて、これなら出会えそうだと感じてから有料登録してもいいと思います。(withでは、マッチング後のメッセージのやり取りは有料会員でないとできません)

「メッセージ付きいいね」のメッセージの内容に迷うかもしれません。

相性診断の結果に触れながら、自分のことを少しアピールしてみてはどうでしょう。

あと、相手が自己紹介文に書いていることには絶対に触れた方がいいです。

人は自分に興味を持ってくれる人のことを好きになりやすいです。

「メッセージ付きいいね」を送るのがめんどうな時は、「いいね」だけでもいいです。

withでは、「メッセージ付きいいね」と「いいね」のどちらでもいいので、相手が「いいね」に対して「ありがとう」を返してくれればマッチング成立になります。

「いいね」を送ることで、相手はあなたの存在を認識し、プロフィールを覗きに来てくれます。良い雰囲気の写真(顔が見えるもの)を載せて、最低限の自己紹介文は書いておきましょう。

自己紹介文には、今興味があることものについて、異性が興味を持ってくれそうなことものについて、アピールできる自分の情報、などを載せておきましょう。

加えて、「メッセージ付きいいね」でその相手のためだけに何らかの投げかけを行うと興味を持ってもらえる可能性が上がりますよね。なので、「メッセージ付きいいね」は結構使えますよ。

Tinderと比べてwithはめんどくさいです。でもちょっと待ってください

両方ともマッチングアプリである、Tinder と with の違いはシンプルさです。

Tinderは写真をスワイプするだけなのに対し、withは相性診断をして「メッセージ付きいいね」を送ります。

正直言うと、withはめんどくさいです。相性診断もめんどくさいと思う人が多いでしょう。

実際、ユーザー数はTinderの方が多いです。

だからといってTinderだけでいいや、とwithをしないのはもったいないです。

本気なら、どっちもやりましょうw

ユーザー層として、Tinderは軽い人やテキトーな人が比較的多く、withは慎重な人が多いです。

女性でマッチングアプリを複数使う人は少ないです。女性はどのマッチングアプリを使ってもたくさんの異性が言い寄ってきますからね。

だから、withしかやっていない女性もいるので、その人との出会いを自ら捨ててしまうのは惜しいですよね。

男性はマッチングアプリを複数利用して、コツコツと頑張って良い女性を見つけましょう。

僕へのご連絡はTwitter(@kalanoakikan)かGmail(kalanoakikan@gmail.com)へお願いします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました